パタヤでエアコン掃除を頼んだ

スポンサーリンク

毎日暑いです。5月ですからね・・・、エアコンがんがん使っています。最近、エアコンからポタポタと水滴が垂れるようになってきたんで、ひとまずは排水ホースの角度をチェックしてみました。が、水ポタはあまり解消されません。1分間に1滴程度の水ポタなのでマスキングテープで雑巾を貼っておけば問題ないんですが、やっぱり見た目的によくない。

思えばこのコンドに引っ越してきてから、エアコンのフィルターのホコリは定期的に掃除していたけれど、奥の方の汚れとか黒カビは割りばしにくくりつけた雑巾が届く範囲でしか拭き取れないし、内部の部品についた汚れなんかはガビガビに固まってしまっているんじゃなかろうかというくらいです。たぶん前のオーナーも放置だったのでしょう・・・、はっきりいって直視したくありません。水ポタの原因は内部の汚れだったりすることもあるらしいんで、思い切ってエアコン掃除を頼んでみることにしました。

いろいろ検索してみると、バンコク都内にある日本人が監督してくれるような業者さんだと1台1000バーツ~くらいのようでした。それでも日本のエアコンクリーニングと比較するととっても安いんで問い合わせてみたところ、さすがにパタヤまでは出張できないっちゅうことで(コロナの件で県をまたぐ移動は控えるべきだし)。なので、腕前はどうだかわからないけれど試しにパタヤにあるエアコン業者さんにお願いしてみることにしました。

約束した時間より20分遅れで到着したのはタイあるあるですが、彼らが来る前にエアコン周りにある家具をどかしておいたこともあって、仕事がとにかく早かったです。

周りにある家具が濡れないようにと大きな布をかぶせて、あっという間にエアコンをバラバラにし、シャワーブースでパーツを洗浄します。4人がかりで「パーツを外す・洗う・乾かす」を流れ作業で行います。ものすごい速さなので、ビフォーの写真を撮る暇もないくらいです。ついでに室外機も高圧洗浄でブオンブオンと流してくれたし、排水ホースのつまりもチェックしてくれました。

汚れた水はバケツに受けてトイレに流していましたね。もっと雑な仕事であちこち濡れちゃうんじゃないかと思っていましたが、余計な心配でした。何も言わずとも我が家のほうき&チリトリ&モップを勝手に持ち出して、ホコリだの水滴だのをきれいに掃除して嵐のように去っていきました。彼らが帰ってからふと思ったことなんですけどね、シャワーブースでジャバジャバやってくれているついでに、ブース内の隅のほうのがんこなぬめりも落としてくれたりしたらいいのになーーー・・・なんて。そんなわがまま聞いてくれたりしたら嬉しいんですが(次回トライしてみようかと)。

今回、寝室とリビングのエアコンをお願いして、作業時間は40分です。お会計は2台で1000バーツでした。(予約するときに聞いたら「1台400~500バーツ」って言っていた。足元みられたのかもしれんが、いや全然満足したし。でチップ渡したらすげー喜んでた)

問題だった水ポタもしっかり解消されたし、ピカピカになったエアコンから出てくる冷風の効きがよくなりました。業者さんとしては半年に1回のクリーニングを推奨しているみたいです。1台500バーツなら全然アリですね!問い合わせは英語OKでした。

JOMTIEN AIR のみなさん、ありがとうございました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。