新型コロナウィルス パタヤはどうだったか④

スポンサーリンク

(2020/4/14)パタヤ市の居住者以外は入境を制限するための検問再開が、また延期になりました。明日15日の午後に試験的に再開し、16日午後から完全に再会する予定だそうです。そもそも、『9日から開始→周辺の大渋滞で苦情が殺到したため1日で解除→14日に再開予定→準備間に合ってないかもで15日に延期して試しで午後から再開→試しの再開は早朝から&16日から再開予定』 迷走気味ですが、タイではこんなもんです。ターミナル21にクルンテープナンバーの車がばんばん駐車していたり(スーパーしか営業していないんだけどね)、どこから湧いて来たのかわからないけれどどう見ても観光客でしかない東アジア系の若い男性グループが歩いていたりします。こういった光景は入境制限が実施されると変わるのでしょうか。

今年のソンクラーンは延期という発表はすでに周知されており、スーパーにはいくらかのアロハシャツが陳列されていはいますが、水かけに興じている人はこの辺りでは見かけません。パタヤは今ちょっと深刻な水不足の状況なので自粛すべきでしょう。



(2020/4/15)ソンクラーンだって言ったって酒は買えないしジムもプールも使えないし、やることないので近所のビーチに出かけました。なんと、「事態が落ち着くまではパタヤ市内の全てのビーチを閉鎖」という看板が立っているではありませんか・・・!ほんの数日前は普通に泳げたのに、こんな看板が立ってしまったからには泳ぐわけにはいきません。

人っ子ひとりいない静かすぎるビーチはまるでパタヤではないようです。仕方がないのでバイクのガソリンを入れてから帰ろうかとナクルア通りを北に走っていくと、ガソリン屋の手前300mほどの所で両車線とも検問が行われていました。ドライビングライセンスチェックの検問でしたが、一瞬、もしや居住者か否かの検問か!?と慌ててしまいました(ビーチの帰りだったもんでパスポートとかワーパミとかなにも持っていなかった)。今朝から始まったパタヤの入境制限の検問は試しのものなので、もしかしたらチェックポイントが変更になった時の候補地なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。