今日から酒類販売禁止ーわが家で何が起こったかー

スポンサーリンク

2020年4月11日(感覚的には12日)、新型コロナウィルスのあおりをうけてパタヤ在するチョンブリ県でもとうとう酒類の販売が禁止されました。

その夜、わが家で何が起こったかと言いますと。

県の発令の通りだとしてこれから3週間、いまうちにある酒の在庫で足りるだろうか!?という議題があがりまして、いったんは「お上の言うことに従いましょう、酒量を減らしましょう」ということになりました。

よし、いまうちにある酒で3週間もたせるぞーいい機会だからダイエットするぞー、と息巻いていたのはほんの一瞬でした。「ちょっとイマイチだからあまりすすまないで棚の奥で眠っていた酒を、いかにして旨く飲むか」という主題に代わりまして、家にある酒にマナウ(ライムみたいなもん)を搾ってみたりソーダ水で割ってみたりの楽しい試飲会となり、普段よりも3割増しの酒量になりましたとさ。

※いろいろと酒をかっくらいながら画策したのは、お隣のラヨーン県は16日に酒類販売禁止が解かれる予定なので、仕事帰りに会社近くのコンビニに寄って買えそうな酒を買って帰ってくるという作戦です。ああ、どうか、予定通りにラヨーン県の酒類販売が解禁されますように!

明後日(14日)からは新しいパタヤの入境制限が再開される予定です。最初の制限にくらべるとだいぶコンパクトなエリア制限ですが、ナクルアに住んでいる私たちからするとむしろ厄介な検問所の配置になりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク