パタヤでレモンチェッロ

スポンサーリンク

よく行くイタリアンレストランで、食事の後にサービスで出してくれる黄色いお酒がありまして。これが、まあ、うまいんです。




おちょこで出してくれるんですけどね、オレンジというかレモンというかすっきりした甘さですが、アルコール度数はそこそこあるんじゃないかと。どうやら「レモンチェッロ」というお酒らしいんです。で、あちこちの酒屋に行って探してみたけれど、どれも黄色が薄くてなんかおいしそうに見えないんですわ・・・。

ある日「これはどこで買っているの?」と聞いたところ、ホームメイドだというではありませんか。そりゃ売っていないわけだよ。

お願いしてみたら、1瓶1000バーツであっさり売ってくれました。恥ずかしがらないでもっと早く聞けばよかったです。

これって見た目マヨネーズですが、レモンチェッロです。もしかしたら炭酸で割るとかジュースで割るとかいろいろ飲み方があるのかもしれませんが、ぼくらは冷凍庫に入れてキンキンに冷やしたのをそのままいただくのが気に入っています。

普段からクイクイ飲んでしまうとあっという間になくなってしまいそうなので、うちでこれを飲むのは週末限定という掟をたてました。いまのところちゃんと守っています。

ゴロッチーノでカラフェワイン以上の飲み物を注文するとサービスしてくれるので、よかったら試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク