パタヤから1時間、ラヨーンで波乗り!

スポンサーリンク

日本から遊びに来ていた友人と一緒にサーフィンをしに行きました。ラヨーンのアオカイビーチです。




パタヤは通年ノーサーフですが、このあたりは雨季だけ少し波が立ちます。そんなに大きな波ではないし感動するほど綺麗なビーチでもないんですけどね、パタヤから車で1時間ちょっとで来られるので、総合的に考えると、まあ満足できます。(パタヤ⇔プーケットもそれなりにオススメですがそれはまたの機会に)

レンタカーを借りて自分たちで運転していく方法もあります。今回は車とドライバーをチャーターしました。いつもウタパオ空港に行くときにお願いしている送迎サービスの会社です。アオカイビーチまで往復で1800バーツかかりますが、波乗りしてビールとか気持ちよく飲みたいんで、チャーターの方が安心です。

ここはサーファーがあつまる場所ではないんで、ボードレンタルは前もって連絡して予約をする必要があります。以前はこの近くに1件だけファランオーナーのサーフスクールがあったのですが、どうしてだか知りませんけどプーケットに引っ越してしまいました。で、そのプーケットに行ってしまったオーナーに連絡をして「いついつにボードレンタルしたい」と伝えると「オーケー、じゃ、ここのゲストハウスに行ってくれ」と場所を教えてくれました。ビーチから少し陸に入ったところにあるきれいなゲストハウスです。つまりプーケットに持って行かなかったボードをここで保管しているということでしょうか。ボードレンタルは1日500バーツでした。高いのか安いのかはちょっとわかりません。日本人の感覚にしてみたら「妥当」というところでしょうね。

このボードを持ってビーチまで行くのはやや大変な距離感なので、トラックで送ってくれます。そして「何時間後に来て」と言っておくと、帰りもだいたいその時間に迎えに来てくれます。ショートボートなら自分で歩いて帰った方がいいですね、時間を気にしないで気兼ねなく楽しめるし。

雲の多い日だったので青い海というわけにはいきませんでした。(2018年9月中旬)

パタヤビーチより透明度があります。観光客相手の水上バイクもいないし、本当に静かなビーチです。この日のサイズはヒザ~モモといったところでした。(カメラマンがいなかったんで、サーフの写真も動画もありません。)

貸し切りなので1ラウンドもやれば十分満足です。

ゲストハウスに戻るとシャワーを貸してくれて、その後、頼んでもいないのにゲストハウスの中を細かく案内してくれました。写真も撮ってくれ、って、日本の友達に宣伝してほしいんでしょうね・・・。せっかくだから写真のせておきます。

ロフト付きの広い部屋です。あちこちとてもオシャレに造られていました。

都会の喧騒に疲れたらどうぞ来てみてください、というイメージのビーチとゲストハウスです。ビーチは目の前ではありませんが、大きな荷物を持っていなければ海まで歩ける距離ですし頼めばニコニコと送ってくれます。セブンイレブンがすぐ近くにあります。

http://www.treerootsretreat.com/

よろしければ次のタイ旅行もしくはサーフトリップにご検討ください。※オーナーさん、ちゃんと書いたよー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク