LAZADAで返品~その2

スポンサーリンク

サイトの記載と実際の内容量が違っていた商品は無事に返品ができたみたいですが、つづいて返金の手続きをしなくてはならないようです。あー、めんどくさ。

なんだかよくわからないけれど、LAZADA Walletというものにプールしておいて、次回の買い物に使うこともできるのかとは思うけど・・・、現金を戻してもらいたいので返金手続きにトライしてみます。




まずはLAZADAにログインして「LAZADA Wallet」をクリックし、「LAZADA Wallet」を有効にする設定をします。「ACTIVATE MY WALLET」をクリック。

登録のEメールアドレス宛にメールが届くので、メール内の「VERIFY MY EMAIL」をクリックします。

登録の携帯電話にCメールでワンタイムパスワードが届きます。入力して「VERIFY CODE」。

日本人(外国人)なので、パスポート番号などの情報を入力します。タイ人の場合は個人番号を入力するようになっています。

これでLAZADA Wallet」がアクティブになりました。引き続いて「WITHDRAW」をクリックします。

返金を希望するタイ国内の銀行のアカウント情報を入力して「WITHDROAW」をクリック。

登録のEメールアドレス宛に確認メールがとどきます。「confirm」します。

これで返金の手続きは完了です。我が家の1,880バーツは一旦凍結されました。「およそ7営業日後に銀行口座をチェックしてください」という注意書きがあったので、しかたないですから待ちます。

7月23日に手続きをした1,880バーツは、7月31日に我が家の銀行口座に無事返金されました。間にタイの祝日と土・日と振替休日がはさまれていたので、4営業日後に戻ってきたということになりますか。(関係ない話ですが、タイの祝日が日曜日の場合のみならず土曜日の場合も振替休日になります。日本では祝日が土曜日だと損した気分になってたけど、ゆるい国でいいですねぇ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。