パタヤで日本のテレビをみる~Willfon

スポンサーリンク

タイに移住したんだから朝も夜もタイのテレビ番組を視て一日も早くタイ語を習得しよう!と意気込んでいられたのは初めの頃だけで、気づけば「タイの笑いのツボがわからない~日本のバラエティが視たい~連ドラが視たい~日本の話題に取り残される~」とぼやくようになってしまいました。

以前は無料で視られる「日本電〇台」なるサイトにお世話になっていましたが、視聴中によくフリーズして余計なストレスになっていたので「ちゃんとしよう」ということになり、契約をしました。

willfon TVボックスです。バンコクで最安値(2018年1月現在)だそうです。問い合わせてみると、機器を受け取りにバンコクまで来るのができれば大丈夫ですよ、タイ全土で使えますよ、ということだったので、パスポートを持ってオフィスまで行ってきました。

サミティベート病院のとなりのビル、ここの3階にオフィスがあります。

平日10時~18時、土曜10時~17時の営業です。

日本語が上手なタイ人のかわいい女の子が対応してくれました。行った時には電話中でしたがどうやら日本人のスタッフも常駐しているようです。申込用紙に必要事項を記入してパスポートのコピーをとってもらいます。接続の仕方も丁寧に説明してくれました。



まずは最初の2週間をお試し期間で視聴します。もし気に入らない場合は機器を返却すれば料金はかかりません。お試し期間後そのまま契約する場合は、メールやEMSでやり取りをするのでバンコクまで行く必要はありません。

パタヤに帰ってさっそく取り付けてみます。接続は簡単です。機器も大きくないので、テレビ台がごちゃごちゃすることもありません。

難しいことはないのですが、一応。配線の左から電源ケーブル、青いのはインターネット回線、ちょっと幅広の黒いのはテレビとつなぐHDMIケーブルです。機器の右側にささっているのはリモコンと通信するUSBと、リモコン充電用のUSBケーブルです。(リモコンは1週間に1回くらいフル充電します)

この機器はWi-Fi通信も可能ですが、安定性を考慮して我が家では有線で接続しています。

視聴できるチャンネルはこんな感じで、46チャンネルあります。WOWOWは視られませんが我が家としては十分なチャンネルです。リアルタイム視聴といってもだいたい3分のタイムラグがあります。

そして、2週間分の追いかけ視聴ができます。日本の放送時間にあわせなくてもいいんです。この機能はうれしいですね。

曲数は少ないのですが、カラオケ機能がついています。ただし、キーコントロールはできません。たまに「愛は勝つ」を熱唱します。マイクの接続もできますが地声で十分、ご近所に日本人がいないからこそ恥ずかしげもなく歌えるのです。キャーリオ~ン、キャーリアウッ。

この機能で利用料は1か月800バーツです。半年分をまとめて前払いすると1か月分タダになります。つまり6か月で4000バーツ、1か月およそ667バーツです。ちなみに1年分まとめて前払いすると2か月分タダになります。割引率は同じですね。

2週間のお試し期間後、「契約はどうしますか?」というメールがきました。「契約します」と返事をすると、「では振り込みをお願いします」という返事がきました。我が家はクルンシー銀行のオンラインサービスを利用しているので、すぐにオンラインで振り込みをして『振込完了画面』をスクショで撮りメールに添付して送信しました。2週間ほどすると郵送で契約書が送られてきました。またバンコクまで行くことにならなくてよかったです。

機器の具合が悪くなったら無償で交換してくれるとのことです。解約するときには機器は返却する必要がありますが、保証金(デポジット)はかかりませんでした。

※後日、知人が契約をして分かったことですが、お願いをすれば機器の配達に対応してくれるそうです。自分が留守中でもスタッフが代理で受け取ってくれるようなコンドミニアムなら配達をお願いしてもいいかもしれませんね。

ちなみに、Willfonの他にもうひとつ検討していたところがあります。

在タイ日本人の互助会でサービスしているJTVです。チラシが残っていたので画像をご覧ください。

こちらはWOWOWも含めて63チャンネル視ることができます。そしてこちらはタイムラグが短いらしく誤差は1分以内だということです。入会金が1000バーツかかりますが、1か月500バーツです。(リアルタイム視聴のみ)

JTVは見逃した番組(30日間分)を視聴できるタイプの契約は追加で1か月1000バーツかかります。つまりこういうことです。

willfon 46チャンネル・見逃し2週間分・・・667バーツ/月

JTV 63チャンネル・見逃し視聴なし・・・500バーツ/月

JTV 63チャンネル・見逃し30日分・・・1500バーツ/月

チャンネル数と見逃し視聴の長さの分だけ1か月の料金に差がでるのでしょうか。シラチャに支店ができたという点もふまえてちょっと考えましたが、我が家の場合はWillfonに決めました。これはご家庭のお好みで選択されたらいいと思います。

日本にいた時、我が家はエヌエッチケーの契約をしないままやりすごしてきました。(すみませんね) 現在はwillfonの月額667バーツの中にエヌエッチケーさんの受信料も含まれていると考えれば、もう肩身の狭い思いをする必要はありません。胸を張って生きていけます。おかげさまで快適なパタヤライフを過ごしております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク