タイで免許 ~1

スポンサーリンク

2016年3月末のこと。
国際免許をもとにタイの運転免許証を取得するため、チョンブリ陸運局に行ってきました。

(パタヤの街の中からバイクで30分くらい。結構遠い。)

持ち物は、パスポート(コピーも)、国際免許証(コピーも)、居住証明書またはワークパーミット(コピーも)、健康証明書(コピーも)

※車とバイクの免許を同時申請する場合は、それぞれのコピーは2枚とっておきます。

※コピーにはすべて青のボールペンでパスポートと同じ自筆サインをします。

タイでは運転免許証は車のとバイクのと別々のカードになっているらしく、もちろんどちらも欲しいので申請書は For Car、For Motorbike 2通書きました。

実をいいますと・・・日本では中免を持っていないので、日本で取得してきた国際免許ももちろんOnly For Carなのです。
(しかし、ここはタイ、アメィジングタイランド、どうせ書類のチェックなんて細かくしないでしょ~、しらばっくれてバイクのも一緒に申請したら、スルっと免許貰えるかも~)と目論んで、しれっと2通(車のとバイクのと)申請してみたのです。

部屋の中はタイ人もファランもいっぱいで座る場所を探すのにも苦労するほどでしたが、色判別テストをしたり写真を撮ったりと、それほど長く待たずにスルスルとブースを進んでいきます。係りの人たちも外国人に慣れている様子で、英語を交えて案内してくれます。難しいことはありませんでした。
かかった時間は1時間半ほど。お会計をして、免許証を受け取ると・・・

渡された免許証カードは一枚、For Carのみ。
あれれ、申請書は2枚書いたのに?と窓口のおばさんに確認してみると、
「あなた、バイクはノーライセンスね。ドライビングテストが必要だから、また明日来て」と言うではありませんか。

なるほど、窓口のおばさんは国際免許証の項目をきちんとチェックしていたということか・・・。目論見が外れてザンネン。←そもそもこの甘い考えが間違ってます。ごめんなさい

まあ、そんなわけで、「明日の8時20分までにパスポートを持ってドライビングサーキットに来い」という受付票を渡されました。
Σ( ̄ロ ̄lll) 明日は会社だから来られないよ~、と文句を言うと、
「来週でもいいよ、来月でもいいよ」なんて言うのです。
(おいおい、本当に大丈夫か?オバサン、いい加減なこと言ってないか?)
疑わしいので渡された受付票をよく見ると、
確かに「約束の日に来られないなら、8時15分までに2階の5番に来い」的なことが書いてありました。
(うそじゃなかったのね、疑ってごめんね、おねえさん。)

じゃぁまた平日で会社のお休みがとれた日にもう一度来るしかないねということで、
この日は車の運転免許証だけもらって帰ってきました。

かかった費用 205バーツ。 やすい!


(ドライビングテストの受付票。なんかの裏紙の再利用。タイでは裏紙利用率は高いと思う)

※日本で発行された国際免許をもとにタイの運転免許を取得するためには、居住証明書や健康証明書が必要です。取得方法については詳しく書いてあるブログがありますので、そちらをお読みください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク